にこにこ健康塾

Just another WordPress site

間違ったダイエットとは

メディアがいう事が全てではありません

雑誌やテレビで注目されているのが若い女性多に多い食事を抜くダイエットです。
日常生活での食事において何かの栄養素を摂取せずに痩せると考えている様ですが、栄養が偏り健康的には痩せられないのです。
間違った方法で痩せれば見た目には痩せられますが、貧血状態になる可能性があります。
元々のダイエットの意味は美容や健康の為に食事を制限する意味であって決して食事を抜く事ではないのです。

意外と知られていない炭水化物の秘密

流行っているダイエット方法として挙げられるのが、炭水化物抜きダイエットです。
お米や麺類、パンを一切と食べずに他の物で栄養を補うという考え方です。
人間が摂取した方が良い栄養素は脂質、糖質、タンパク質ですが炭水化物は糖質と食物繊維となります。
あまり知られていないのが食物繊維は体では吸収出来ない炭水化物なのです。
それ故に摂取しても体外に排出され、過剰に摂取された栄養素も便として排出されるので整腸作用があるとして食物繊維が必要になってくるのです。
また炭水化物の糖質は、最終的にはブドウ糖なり脳活動エネルギーになります。

糖類は体内に必要不可欠な栄養素なのです

このことからも言えるのは、炭水化物は必要不可欠な栄養素であると言えます。
炭水化物を抜くと見た目には痩せられます。
ですが、脳の唯一のエネルギーとなるブドウ糖がなくなり脳は慢性的な飢餓状態になるのです。
当然空いてしまったブドウ糖を他の栄養素で補おうと脳は考え、体を作る上で必要不可欠なタンパク質から糖類を作り出そうとします。
元々タンパク質は糖を作る性質ではない為、必要以上に人体に負担をかけてしまいます。
そして半ば強引に作り出された糖類と共に窒素化合物も作られます。
これらは副生成物と言われ分解するのに肝臓に負担をかけてしまいます。

バランスの良い食事が大切

炭水化物を抜くダイエットは元は糖尿病治療の為に発案された方法ですので、健康で年齢も若い方には不向きだとされています。
細いから綺麗ではないのです。
バランス良く栄養を摂るのが健康で綺麗にいられる秘訣なのです。

ミュゼ溝の口